当院の新型コロナウイルス感染対策について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当院全スタッフのマスク着用・手指消毒の徹底・出勤時の検温、患者様ごとのベッドやリハビリ機器のアルコール消毒、定期的な部屋の換気、受付カウンターのビニールシート設置等を行っています。当院では院内感染対策マニュアルを作成し、全スタッフに周知しております。そして、患者様にもご協力をいただき、当院は下記の対策のもと診療を行っています。接触感染や飛沫感染をいかに予防するかが大切であり、一人一人の良識あるご協力が必要です。皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

  • ・来院されるすべての方に、マスク着用、手指消毒をお願いしています(必須)
  • 発熱、咳、倦怠感、嗅覚味覚異常など、新型コロナウイルス感染が疑われる患者さんは受診を控えていただいています。まずは、内科受診や新型コロナ受診相談窓口への相談をお願いします
  • ・院内混雑や待機人数を抑えるため、診察待ち時間中の外出を推奨しています。診察順番ご案内システム、再診患者さま向けWeb受付システムをご利用ください(いずれも院長診に限ります)。パソコンや携帯電話から専用サイトをご利用いただきます、QRコードの利用が可能です
  • ・待合室のシートは間隔を空けて使用していただきます。診療受付前に外に並べるイスの数を減らし、また間隔を開けてお並びください(social distancing)
  • ・診察やリハビリを待つ間、院外(ビル敷地内)で待機していただいても構いません。ご希望の方は受付スタッフまでお声がけください。イスをご用意いたします
  • ・薬の処方は、経過により長期処方を行っています
  • ・運動器リハビリ、物理療法ともに患者数や時間を制限させていただいています
  • ・体温が気になる方はお気軽にスタッフへお声がけください。腋窩型や非接触型体温計を用意しています

リハビリ治療における対策

リハビリ治療にあたり、以下の必須条件から一つでも外れる場合はリハビリを控えていただきますので、ご理解の程をよろしくお願いいたします。お出かけ前に自宅での検温をお願いいたします。

  • ・マスクの着用(必須)
  • ・十分な手洗いや手指消毒(必須)
  • ・感冒の症状なく、体調良好(必須)
  • ・体温が37.5℃未満(必須) 参考:平熱の基準36.6~37.2℃

リハビリ治療は患者様と医療スタッフの接触が多く、リハビリ機器の使用もあります。当院では院内感染予防のため、リハビリ患者数や時間帯の制限、運動器リハビリやパワープレート介助時におけるスタッフの手指消毒徹底や手袋の使用を行っています。

リハビリ治療は、日本整形外科学会により令和2年4月17日に策定された“整形外科外来におけるコロナ対策診療ガイド”に則り運営いたします。
https://www.joa.or.jp/topics/2020/topics_200417_2.html

物理療法の運用時間短縮

物理療法の運用時間を通常より短縮します
■平日9:00開始、18:30受付終了
(通常どおり、平日はお昼休み時間も通して治療を受けられます)
■土曜9:00開始、13:00受付終了

院内感染対策マニュアル

当院では、日本環境感染学会「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第3版)」に基づき院内感染対策マニュアルを作成しております。
http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/COVID-19_taioguide3.pdf

日本整形外科学会「整形外科外来におけるコロナ対策診療ガイド」に基づき外来リハビリ診療を行います。また、当院リハビリ時の感染対策マニュアルを別に作成しています。
https://www.joa.or.jp/topics/2020/topics_200417_2.html

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 診療の手引き・第2版」を参考にしています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000631552.pdf

武蔵野医師会「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)医療機関における院内感染予防マニュアル」を参考にしています。

院長挨拶

IMG031整形外科の病気やけがは、首や腰、肩や膝などの関節の痛み、しびれ、骨折、スポーツ外傷、骨粗しょう症など多岐にわたります。その原因を早期に発見して治療をすることが重要となります。

・MRIや骨密度測定器を用いた病気の早期発見
・温かみのある分かりやすい説明
・患者様ひとりひとりのご要望に合わせた治療とリハビリ

上記の理念でより充足した治療効果が得られればと考えております。
私は大学を卒業後、整形外科を専攻してこれまで約15年間大学病院や様々な総合病院にて外来や手術診療に携わって参りました。この経験を活かして、スタッフ一同、皆様の健康状態の維持に貢献できますよう努力いたします。そして何よりも皆様の健やかなるご発展を心から願っております。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 新村 光太郎

クリニック概要

クリニック名 しんむら整形外科クリニック
診療科目 整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、放射線科
診療内容 各種保険取扱い、労災指定、交通事故、運動器リハビリ(運動器リハビリテーションⅠ認定施設)、装具作製
自費診療: 脳ドック、巻き爪矯正治療(B/Sスパンゲプレート法、マチワイヤ法)他
検査機器 1.5テスラMRI (東芝 Vantage Titan)
全身型骨密度測定器 (Hologic社 Discovery)
レントゲン一般撮影装置 (東芝 Radrex)
リハビリ機器 頚椎・腰椎持続けん引装置、キセノン光温熱治療器、低周波・干渉波・中周波治療器、マイクロ波治療器、超音波治療器、パワープレート、ウォーターベッド
骨折治療機器 超音波骨折治療器(アクセラス)
住所 〒180‐0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-3イトウビル1階、B1階
電話番号 0422-23-6688
FAX 0422-23-6685
ホームページ http://ort-clinic.com
設立年度 2013年(平成25年)
管理者/院長 新村光太郎(しんむらこうたろう)

院長 新村光太郎

資格 医学博士
日本整形外科学会認定専門医 第116168号
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
身体障害者福祉法第15条指定医
略歴 都立西高等学校卒業
東京医科大学医学部卒業
同大学整形外科教室入局
東京医科大学医学部大学院修了
東京医科大学附属病院(新宿、茨城)
都立大塚病院
戸田中央総合病院部長
明理会中央総合病院医長
しんむら整形外科クリニック院長
所属学会 日本整形外科学会
日本肩関節学会
日本骨粗鬆症学会
日本運動器科学会
関東整形災害外科学会

B1 リハビリ室